読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅人の手帖

どこ行こう?旅先でどこ見よう?そんなときに役立つ情報満載

ハワイ島 マウナケア山頂で夕陽を

ふたたびハワイの記事です。ハワイ好きです。

さて、ハワイに行くならぜひ行ってほしいハワイ島。日本からだと、どの地域からもホノルルへのフライトが多いので、オアフ島だけで過ごしてしまう方が多いのですが、火山から大自然からパワーを感じるハワイ島は一番のオススメハワイです。

f:id:travellerfm:20161209161648j:image

マウナケアに登る

特に、ハワイ島まで足を伸ばす価値があるのが、マウナケア山頂から夕陽を見るツアー。マウナケアは標高4000mを超える山ですが山頂まで道路があり、車で行けるので、足腰の弱い方や年配の方でも行くことができます。ただ、注意したいのは、レンタカーでは保障がありません。山頂近くでは道も悪く、気圧が低いため注意力が散漫になることから、一般観光客の運転では危険なためです。そのため、ツアーに参加するのが必須です。少しお値段は張るのですが、それでも絶対行く価値があります。

標高が高く空がきれいなので各国の望遠鏡がたくさんあります。日本のすばる望遠鏡も有名ですね。望遠鏡群は圧巻で、天文好きの方にもオススメします。絶対に感激しますよ。星空については、次の記事で詳しく書きたいと思います。

マウナケアへのツアー

マウナケア山頂の夕陽ツアーはいろいろありますが、マサシのネイチャースクールが一押しです(個人の感想です)。旅行代理店を通して予約すると、現地のツアー会社を指定できないことが多いので、もし、このツアーを希望するなら、下記のウェブサイトから直接予約されると良いと思います。

www.minshuku.us

ハワイといっても、マウナケア山頂は雪が降るほど寒いので、防寒対策が必要です。ここのツアーは特に防寒準備が充実していて、プロ並みの写真を撮ってくれるガイドさんが案内してくれます。ちなみに写真は無料で頂くことができますよ。

ツアーでは、途中のオニヅカビジターセンターで1時間の休憩を取ります。ここで、高度に慣れ、高山病を防ぐためです。山頂までの道路は緩やかなので、標高が上がったことにあまり気づきませんが、オニヅカビジターセンターでも既に標高2800mです。ここにはお土産の売店もあり、ここでしか買えないお土産もあるのでお見逃しなく。

直行便が運行開始

2016年12月21日から、ハワイアン航空が日本からハワイ島のコナ空港への直行便を運航するようです。ハワイ島へも行きやすくなりますね。嬉しい!