読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅人の手帖

どこ行こう?旅先でどこ見よう?そんなときに役立つ情報満載

ハワイ島で満天の星空を見る

 全力でオススメしているハワイ島。前の記事で予告した通り、ハワイ島の星空についてご紹介します。

f:id:travellerfm:20161209162855j:image

星空観測

さて、夕陽ツアーに参加すると、日没後にマウナケア山頂から少し下った広場での星空観測が組み込まれているものが多いです。さすが、望遠鏡もたくさんあるマウナケア、光害を防ぐために明かりが限られているので真っ暗で、星の数が全然違うのです!星空メインで考える方は、月の光の影響を避けるために新月の日を狙って行くのがベストですが、日没後に月が沈む月齢(下弦の月から上弦の月)でも大丈夫です。それ以外のときでもできるだけ月の光が影響しないように場所を工夫してくれたりするとのことでした。満月のときは、月を見るのもまた良いようです。写真を撮りたい人は、三脚を持って行くと良いと思います。

星の知識がなくても大丈夫

ツアーでは、星空や星座を説明してくれたり、望遠鏡で星を見ることもできます。土星が出ていれば、望遠鏡であの輪っかを見ることができます。あまり星に詳しくなくても楽しめます。星空に興味がない人でも、満天の星空には感動すること間違いありません。自然の美しさを感じてくださいね。

オススメのツアーは前の記事を参照してください。

天文ファンの方へ
マウナケア山頂では世界各国の望遠鏡群を見ることができます。残念ながら夕陽ツアーでは望遠鏡の中を見学することはできませんが、外観を見るだけでも感激します。内部を見学したい方には別途ツアーもあるようです。すばる望遠鏡では、直接個人で見学予約もできるのですが、問題はそこまでの交通です。自力で行かなくてはなりません。前記事でも書きましたが、一般観光客がレンタカーで登るのは禁止です。腕に自信のある方でも、高山で酸素が薄い状態は非常に危険なため、ツアーにしましょう。
また、オニヅカビジターセンターからマウナケア山頂に向かう途中では、火山ならではのゴツゴツした景色が見られます(道路もゴツゴツしています)。この土地は月面の砂と似ていると言われていて、実際に宇宙飛行士が月面を想定した訓練をしたりすることもあるそうです。

自分へのお土産も

オニヅカビジターセンターの売店には、星空グッズなどが揃っています。小さい売店なので、登頂前の順応の時間はツアー客で混雑しますが、めげずに並んで購入しましょう。ここ以外で売っていないものもあるので、自分へのお土産を見つけてください。もちろん、天文ファンのお友達へのお土産には喜ばれること間違いありません。