読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅人の手帖

どこ行こう?旅先でどこ見よう?そんなときに役立つ情報満載

奥入瀬渓流でリフレッシュ

青森県秋田県の県境にある十和田湖から流れている奥入瀬川。この奥入瀬川に沿って十和田湖畔から焼山までの約14kmが奥入瀬渓流です。特別名勝、天然記念物に指定されていて、国からも保護されているエリアです。

f:id:travellerfm:20161216200711j:image

奥入瀬渓流沿いには、遊歩道が整備されていて、ゆっくりと散策できます。並行して車道もありますが、車道と遊歩道とは別になっているため歩きやすく、また、車道からも渓流を眺めることができます。

奥入瀬渓流の森

奥入瀬渓流の森は、U字の渓谷の中にあります。谷底が広い渓谷のため、さまざまな原生林を見ることができます。トチノキやカツラの渓谷林、ブナ林の足元には、コケやシダが見られ、まさに天然の苔庭です。渓流の中にはイワナの姿も見えます。野鳥も多く、運が良ければカモシカに出会うことがあるそうです。

見どころ

奥入瀬渓流を端から端まで散策するとおよそ4時間程度かかります。渓流の流れは下流から見た方が美しいと言われているので、焼山から十和田湖に向かって散策するのがお勧めです。

渓流の中には、それぞれ名前のついた見どころがあります。一番有名なのは「阿修羅の流れ」でしょう。旅行雑誌やテレビなどでもよく紹介されているスポットです。木々の間を激しく流れる水を、阿修羅と表現しているのです。奥入瀬渓流の代表といってもいいでしょう。阿修羅の流れはちょうど渓流の中間地点の付近にあります。

また、いくつかの滝があります。中でも人気があるのが「雲井の滝」です。高さは約20メートル、3段になって落下してきます。この滝は近くまで行くことができますが、渓流の中では少し奥まったところにあります。さらに「銚子の滝」も奥入瀬渓流随一の大きさの滝で見どころの1つですが、こちらはあまり近くまでは入ることができません。

なお、冒頭にも書いたように、国の天然記念物として指定されているエリアですので、どんなに美しくても苔や葉っぱも含めて植物などを取って持ち帰ることはできませんので注意してください。

交通

渓流沿いに路線バスが走っています。焼山の駐車場に車を停めて歩きながら、少し疲れたらバスに乗っても良いと思います。バスは十和田湖の子ノ口まで行きますので、十和田湖で遊覧船に乗って、バスで戻ってきても良いでしょう。なお、冬季は雪深くなりますので注意してください。

宿泊

焼山から渓流に少し入ったところに、奥入瀬渓流ホテルがあります。このホテルは新幹線の駅(新青森または八戸)から無料の送迎バスがあります。ホテルからは、渓流を巡るシャトルバス(無料)も出ています。公共交通機関では不便な奥入瀬渓流ですが、ここに宿泊して渓流を満喫するのもオススメです。

アクセス