読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅人の手帖

どこ行こう?旅先でどこ見よう?そんなときに役立つ情報満載

唐戸市場でふぐをいただく

山口県といえば、ふく。「ふぐ」と濁らず、「ふく」と言うのだそうです。これは「福」に通じるということです(諸説あります)。そんな「ふく」が特に有名なのは下関市です。

f:id:travellerfm:20161221210952j:image

唐戸市場

日本で水揚げされるとらふぐなどの天然ふぐの8割ほどと、養殖とらふぐの多くが下関に集まります。下関は日本一のふぐの市場と言えるでしょう。中でも、唐戸市場は大きな市場で、ふぐだけでなく、鯛やハマチの市場としても有名です。また、海産物だけでなく農産物や乾物も売られていて、総合市場と言っても良いでしょう。

唐戸市場のホームページでは、地元の漁師さんが獲ったり育てたりした魚も直接販売している、全国でも珍しい地方卸売市場と説明されています。市場で働く人たちとの会話を楽しみながら買い物ができるのが、唐戸市場の魅力だそうです。

 

www.karatoichiba.com

唐戸市場には、シンボルである大きなふぐのモニュメントがあります。この他にも、福招金(フクマネキン)というマスコット?も作られていて、ふぐを身近に感じるスポットでもあります。福招金は、一緒に写真に写れば開運の始まり、撫でて願いをかければ、御利益があると言われていますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

ふぐをいただく

唐戸市場の中には飲食店も多くあります。また、週末(金・土・日・祝)には「活きいき馬関街」という企画があり、各店舗が味を競います。ふぐはもちろん、その日に揚がった魚が、握りや丼として市場に並ぶので、一度にたくさんの味を楽しむことができます。

市場二階にある回転寿司「海転からと市場寿司」は、リーズナブルにお寿司を食べることができます。ふぐ握りの他に、ふぐの唐揚げやお味噌汁もあって、いろいろな味を楽しめるのもポイントです。馬関街の開催日や時間帯に行けない方も、ここでふぐを楽しむことができますので、おすすめです。

また、唐戸市場のすぐ近くにはカモンワーフというシーサイドモールがあり、市場よりももう少しおしゃれな所で食事がしたいという方はこちらもおすすめです。飲食店の他にも、下関のお土産が買える下関土産品センターがあります。

アクセス

駐車場は唐戸市場に隣接しています。カモンワーフは唐戸市場から徒歩圏内です。