読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅人の手帖

どこ行こう?旅先でどこ見よう?そんなときに役立つ情報満載

佐賀牛をリーズナブルに

佐賀

全国にあるさまざまなブランド牛ですが、佐賀にも佐賀牛があります。JAさが管轄で、一定の条件を満たした牛肉だけが名乗れるブランドです。

佐賀には、佐賀牛を食べられるお店がたくさんありますが、気楽に佐賀牛を楽しめるお店としておすすめするのが「牛笑ホルモン」というお店です。

牛笑ホルモン

各テーブル置かれた七輪で焼肉を楽しめるお店です。店名の通り、ホルモンをメインとしたお店です。ホルモンと言うとミノやセンマイ、シマチョウなどの胃や腸を思いつきますが、タンやハラミ、レバーもホルモン(内臓肉)に分類されます。恥ずかしながらこのお店に行って初めて知りました。

ということで、牛笑ホルモンでのおすすめは「キングオブタン」や「レンガハラミ」だそうです。キングオブタンは、熟成されたタンで、厚みのあるタンに脂がのっていて美味です。また、レンガハラミは、その名の通り、レンガのような塊のハラミが出てきます。これを切らずにそのまま焼いて、食べる時にハサミで切っていただきます。

f:id:travellerfm:20161223223204j:image

キングオブ佐賀牛

本命の佐賀牛ですが、牛笑ホルモンでいただける一番の佐賀牛はその名も「キングオブ佐賀牛」です。見てください、この脂ののったお肉。このキングオブ佐賀牛はなんと一皿580円です(一人一皿まで、2016年現在)。柔らかく、お肉そのものの味が良いので、塩胡椒でいただくのが良いと思います。山葵でも美味しいですが…。本当にリーズナブルに美味しい佐賀牛を食べるなら、一番のおすすめです。

がばい盛り

また、看板メニューとして「がばい盛り」というメニューがあり、気になります。「がばい」というのは、佐賀弁で「とても」とか「非常に」という意味の方言ですが、このがばい盛り、出てくるとその名前以上のインパクトがあります。

f:id:travellerfm:20161223225828j:image

佐賀牛のロース、カルビ、メガテンロース、鶏モモ、豚ロースの盛り合わせで3500円(2016年現在)です。大きなうちわみたいなお肉が「メガテンロース」。目が点…ですね。このメニュー、さらに見た目以上にボリュームがあって食べ応えがあります。そして何と言っても美味しいです。

アクセス

佐賀駅からも近いので、旅行途中に立ち寄るのもおすすめです。各テーブルともに七輪の上には排煙用のダクトがついているので、煙まみれにはなりませんが、やはり焼肉屋さんですので、煙の臭いは避けられません。途中下車の方はご注意ください。

佐賀市唐人にもお店があります。