読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅人の手帖

どこ行こう?旅先でどこ見よう?そんなときに役立つ情報満載

金武で本場のタコライス

沖縄のB級グルメとして有名なタコライス。沖縄に行くと、つい食べたくなります。観光に行くような場所ではたいていどこでも食べられますが、やっぱり本場で食べたいですよね。そこで、タコライス発祥のお店キングタコス(通称キンタコ)を紹介します。

f:id:travellerfm:20161230181404j:image

KING TACOS(パーラー千里)

沖縄中部の金武町にあるKING TACOS(キングタコス)は、タコライス発祥のお店です。1984年に、創業者の儀保松三氏がパーラー「千里」を米軍キャンプハンセン前にオープンしたのが始まりです。このとき、タコスの具を白米に載せたタコライスを考案し、メニューに載せたのだそうです。その後、1986年にはタコスの王様を目指すとして、KING TACOSを開店しました。それから三十余年が経ったいま、タコライスは沖縄グルメの定番と言っても過言ではありません。

KING TACOSでは、タコライスのほか、タコスも販売しています。タコスとタコライスの具?はどちらも同じで、タコスはトルティーヤタコライスは白いごはんの上にタコスミートとトッピングが乗っています。タコスは、タコスミートとレタスとトマトがたっぷり入って、2個で300円、4個で500円(2016年現在)です。タコライスは、タコスミートだけ、チーズあり、チーズ+レタス+トマト、などが選べますが、もちろんおすすめはレタスとトマトとチーズ全部が乗った「タコライスチーズ野菜」です。多くの方がこれを選んでいるようです。とてもボリュームがあって、600円(2016年現在)です。

また、ハンバーガーやポテトなどのメニューもあります。タコス、タコライスもそうですが、全てのメニューはとてもボリュームがあるので、頼みすぎないようにご注意ください。どのくらいの大きさか、はじめに聞いて(見て)から注文することをおすすめします。

店舗で温かいうちに食べるのがベストですが、時間のない方はテイクアウトして車内やホテルで食べても良いでしょう。ただ、ボリュームがあり具材があふれているので、運転しながら食べるのは危険(無理)ですのでやめましょう。

アクセス

以前の場所から移転し、少し離れた場所で店舗が大きくなりました。店舗駐車場がありませんが、路上駐車は迷惑となります。すぐ近くにアクティブパーク駐車場という公共駐車場がありますのでそちらに停めると良いと思います。